舌のはなし その2 舌の色

舌を見る時には、色・形・表面の状態の3点がポイントになります。

色には淡紅、淡白、紅、暗紫の4色が代表的です。舌の色は気血水の流れや量を表します。

  1. 淡紅・・・正常または風邪の引き始めなど
  2. 淡白・・・気や血の不足、冷え症の方に多い。
  3. 紅・・・・・水分不足(陰虚)、熱がある状態
  4. 暗紫・・・瘀血・・・舌の裏側の静脈が膨れていることが多い。(写真)

 

 

 

 

瘀血は年齢に関係なく女性に多く見られます。 瘀血体質の方は頭痛、肩こり、生理痛などを伴うことがあります。 漢方薬での対処法には、冠元顆粒、血府逐瘀丸があります。