奥州市「協働のまちづくり」シンボルマーク決定 賞状と特産品贈呈

奥州市「協働のまちづくり」のシンボルマークが決定しました。
それに伴って、各受賞者へ賞状及び副賞の奥州市特産品をお届けしました。
以下は、各受賞者のお声です。

 

【最優秀賞】

後藤二三夫さん:「東日本大震災後、本当に久しぶりにデザインをしました。まさか、受賞できると思っていなかったのでうれしいです。 デザインを、広く活用していただきたいと思います」と語っていました。

 

 【佳作】衣川地区振興会

会長佐藤利男さん:「衣川地区振興会として、奥州市に貢献したいと長年思っていました。今回思い切って協働のまちづくりのシンボルマークに応募し、佳作を受賞できてうれしいです」と語っていました。

 (写真前列左から:センター長中村幸成、会長佐藤利男、活動員髙橋亜由美、
            後列左から:事務長千葉正義、活動員三浦陽子、敬称略)

        

【選考委員特別賞】

米倉寿莉さん : 9月に美術部へ転部したばかりで、デザインは奥州市の情報を集めてから鉛筆で描いたそうです。

【佳作】梅村元彦さん (愛知県)
   今月14日に、奥州市から発表されたことを受け賞状及び副賞を送付する旨を伝えた
   ところ 「ありがとうございます」と、大変喜ばれていました。

 

*各受賞者のみなさまへ
受賞おめでとうございます。
そして、ご協力ありがとうございました。
奥州市民活動支援センター